沖神小説

ここでは、沖神小説 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日4度目?あれ?3度目?の記事です(あやふや((

沖神小説です。
万事屋と銀新を増やそう!とかほざいてたのに結局は沖神に。
だって大好きなんですもん沖神wネタばんばんでてくるぜ沖神w
や、銀新も好きですよ?でもネタが思い浮かばないんですおrz(駄

参考資料(歌詞)↓
http://www.yukai.jp/~tamumd02/myweb1_075.htm


以下沖神小説。神楽ちゃんは地球に来て銀さんとか新八とか沖田とか色々な人に出会って幸せなんだと言いたかったんだろうなと私は思いました。あれ?作文?




夕焼け小焼けで日が暮れて
   山のお寺の鐘が鳴る
       お手々つないでみな帰ろ
           からすと一緒に 帰りましょう


青空夕日


「おいチャイナ、何歌ってるんでィ?」
いつものように公園のベンチに腰掛け、酢昆布をしゃぶっているといつものようにあいつが話しかけてきた。
「夕焼け小焼けアル」
「そりゃずいぶんと懐かしい歌だな」
「うん」
うなずいて、空を見上げる。
もう夕暮れ時で太陽は沈みかけている。

「今日は夕日が綺麗だから」
「へぇ。お前夕日好きなの?」
問いながらあいつは私の隣に座る。
「好きって言うわけじゃないアルけど、唯一空を見上げられるときだから」
私は夜兎という戦闘種族で太陽の光に弱い。
だから日中はいつも傘を差していて直接空を拝めることができない。
でも唯一、この夕暮れ時は日の光も弱いので空を拝められるのだ。

あいつはふぅん、とだけ相槌をうった。きっとこれ以上深追いは禁物だとでも思ったのだろう。
「・・・姉上も」
しばらくの沈黙のあと、重々しく口を開いた。
「姉上も夕方、よくその歌を歌ってくれたんでさァ」
懐かしいなぁ、と呟いたあいつの横顔は少し寂しそうだった。
「私の住んでた星は1年中雨だったから、夕日なんて知らなかったアル」

地球に来て初めてみた。
サンサンと照り続ける太陽も、青々とした空も、このオレンジ色の夕日も、私の住んでた星にはなかったから。
そう言うとあいつは少し驚いたようだったがすぐにあぁ、と納得した。
「お前の星って大変なんだな。オレには1年中雨なんて耐えられねぇや」
「でも私にはそれが普通だったアルから、別に大変じゃなかったネ。逆に地球に来て雨が降ってないのが不思議なぐらいだったアルヨ」
「星の違いだな」
「そうアルな」

ふと気がつくとさっきまで綺麗なオレンジ色だった空がいつの間にか薄暗くなっていた。
「じゃあそろそろ帰るネ」
「オレもそうするか」
じゃあネ、と手を振ったらじゃあな、と手を振りかえしてくれた。


私の生まれた星には「空」というものがなかった。
太陽も月も青空も夕日も、全部なかった。
あったのは灰色の暗い空だけ。
だから、私は地球に来てよかったと思う。

私の心にも「晴れ」という天気が加わったから。


黄金色のおさま


子供が帰った後からは 
   まあるい大きなお月様
     小鳥が夢を見る頃は
        空にはきらきら金の星


                            ~END~
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
久々に来たぜ、

よく小説とか書けるな…
俺には到底無理だがな。
2008/01/14(月) 08:45 | URL | 神田 #-[ 編集]
よぉ!
最近は不審なコメントばっかりで滅入ってたから嬉しいよw(削除しろ

書いてたじゃないか!小説!
うちゃ文才0だからダメダメさ(駄

こんばんは~。
2008/01/16(水) 18:32 | URL | にんじん #YO8MIfHk[ 編集]
通りすがりの者デス。
沖神良いですよね///
大好きです!!!

PS◆なれなれしくてゴメンナサイ;;
2008/12/24(水) 15:48 | URL | 薔薇 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/10/22(土) 14:56 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/12/11(日) 00:54 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninzinchachacha.blog112.fc2.com/tb.php/104-fa1e0008
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。